素敵なプレゼント

先月の話になりますが
私どもは、三沢市立第二中学校の3年生5名を
校外実習で受け入れをさせて頂きました。

その時の様子はこちら

そして実習後、担任の先生から
素敵なプレゼントをいただきました。
5名からの実習の感想文です

はじめてのごぼう茶製造に戸惑いを感じる中で
それでも一生懸命に取り組むことでコツを見つけたり、
試飲体験ではじめは苦労しながらも理念を思い出しながら
最後には楽しくやることができたということがあったり、
色んなことに前向きに取り組んだからこその感想に
胸が熱くなります。

そんな中で印象に残った感想をひとつ紹介します。

「自分の親が仕事をする姿を見てきて、仕事はただ大変なものだと思っていました。……(文省略)……でもこの実習を通じて、仕事は誰かのためにするもの、自分を成長させるものだということがわかってきました。」
というものです。
中学生にとって、大人って影響力が大きくて
その大人の多くの人が仕事を楽しめていないと思います。
それには色々な理由があるとは思います。

それでも、忘れたくないことは
仕事は誰かに必要とされている。ということですね

短い時間の中で、それが伝わったという喜び。
とても幸せな気持ちでいっぱいです。