新庄市主催六次産業化セミナーにて

カテゴリー: コミュニティフェアトレード人


2月27日(木)に、山形県新庄市にて開催された「六次産業化セミナー」にて講師を務めさせて頂きました。
弊社が仙台市 東北ろっけんパークにて青森ごぼう茶の出店販売を
やらせていただいた際に同じく出店されていたという嬉しいご縁です。
同じ会場で一生懸命に新庄の物産をPRされていた新庄市役所の今田様より、
お声掛けいただいた時には素晴らしい方とお仕事をさせて頂けるということに
心から嬉しい気持ちになりました。

さて、六次産業化の講師ということですが
私個人に与えていただいたテーマが
起業への想いと現在の活動状況や心境などということでしたので
なぜ、コミュニティフェアトレードに取り組んでいるのかということや
企業理念などを中心にお話しさせていただきました。
会場にはすでに六次産業化に取り組んでおられる方や、
これから取り組もうとされている方など
真剣に聴いていただいているのが伝わってきて
熱意を感じるセミナーでした。
講師には他に、株式会社ミライトス代表取締役 鈴木圭介様や
株式会社とまとプラス代表取締役西田和則様がおられましたが
それぞれの方のお話しも素晴らしく、
地域における六次産業化へのいい教材になったのではないでしょうか。
ここで少しですが講師のお二方の取り組み事例をご紹介させていただきます。


まずは鈴木様ですが
コミュニティを大切にすることで、そこから生まれる地域連携というお話しがありました。
ご自身も参加されているファイブブリッジみやぎこせがれネットワークの取り組みをご紹介されていました。
また、Webを活用した商品のPRや販売ということで宮城の竹鶏ファームさんのホームページやネットショップをご紹介されていました。

見やすいだけでなく、想いが伝わる素晴らしいサイトだと感じたので
こちらでもご紹介させていただきました。

また、西田様ですが
日常的に新庄市の特産品を主に首都圏にて対面販売されているという経験から
どういう商品がどういうお客様に喜ばれるかという具体的なお話があり
こちらも参加者の方が普段知りえない情報だということで喜ばれていました。

会場全体の真剣にお話を聞く姿勢から
出席者の六次産業化への想いや熱意を感じ取られました。
また、そのためにたくさんの方策を練り、
行動や実践をされている新庄市役所商工観光課の
熱意にも触れることができました。
新庄市商工観光課Facebookページ
「いい街だなー」
今回、新庄に滞在中に何度も口から出た言葉です。

8月24日~26日までは毎年「新庄まつり」も開催されます。
きらびやかな山車(やたい)を感じにまた訪れたいと思います。

お声掛けいただきました今田様をはじめとしました商工観光課のみなさま、
講師の鈴木様、西田様、ご出席いただいた皆様、
昨日から本日にかけてご縁のございました皆様
本当にありがとうございました。
感謝。

 

新庄市ホームページ

コミュニティフェアトレードとは