ごぼうの魅力・成分

ごぼうの魅力

知られざる成分!ごぼうの二大巨頭成分をご紹介!
二大巨頭成分「イヌリン」と「サポニン」とは?

水溶性植物繊維「イヌリン」

“イヌリン”は水溶性食物繊維。水に溶ける食物繊維なのでなのでごぼう茶を飲むだけで必然的に食物繊維を取ることが出来ます。
胃で酸化されずに腸まで届いて、腸内をきれいにしてお通じを促してくれます。
また、水分をぐんぐん吸収する作用もある為、体内の余分な水分を吸収し、取り除いてくれます。女性の大敵!むくみともおさらば‼利尿作用もある、最強のデトックス。

もう一つの代表成分「サポニン」

ごぼうを水に浸すとすぐに黒くなりますが、この黒い水こそがサポニンの正体です。体内のコレステロールや脂肪に吸着し洗い流してくれます。
この“サポニン”は高麗人参にも含まれている成分です。高価な高麗人参を購入せずとも手軽に手に入るごぼうで、この成分を取り入れることが出来るなんて♪
“サポニン”はポリフェノールの仲間。土の中で育つ際に病害虫から身を守る為に界面活性作用と防菌防虫作用を身に着けたとされています。それが、抗酸化作用。抗酸化作用とは、老化の原因と言われている活性酸素を排除してくれる作用のこと。老化のスピードを緩やかにしてくてくれるとなるとこれはごぼうは積極的に取り入れたい食材です♪

美味しさの秘密は「茶葉」にあり。意外な使い方も!

色々使えるこだわりの「茶葉」

Growthのごぼう茶はササガキの形状にもこだわっているので茶葉の形はお茶が出やすいリーフ型。
お客様にも人気なのは茶葉タイプです。
そのままポリポリつまんで食べる方もいれば、出がらしを再利用する方も!
ここ最近は急須を使わず茶葉ごと食べながら飲む、ごぼう食べ茶な飲み方が人気。
ごぼうの繊維質を感じながら飲むお茶は、小腹がすいたときにはほんの少し昆布茶やお出汁を淹れても美味しいですよ♪


このページのTOPへ